離婚にかかるお金はいくら?どうすればいいの?

離婚は離婚届1枚出せば終わりではありません。
実は結婚よりも労力が必要といわれており、お金もたくさんかかります。
たとえば離婚調停となれば裁判費用もかかりますし、依頼先の弁護士や司法書士への報酬もかかります。
協議離婚、調停離婚手続きを自分でする場合はあまりお金がかかりませんが、話し合いの結果を公正証書に残せば作成費用がかかります。
調停申し立てをする場合は申し立て手数料が1200円、連絡用の切手代が800円ほどかかります。
さらに弁護士費用などがかかれば10万円以上は必要と考えた方が良いでしょう。

他にも離婚後、新居へ引越しをするなら引越し代がかかりますし、子供の養育が妻側にある夫の場合は養育費も支払う必要があります。
子供が小さい場合は成人するまで長い間養育費を支払う必要がありますし、学校に上がれば教育費もかかってきます。
引越し代はいくら家族の引越しではないと言っても、最低で3万円は見ておかなければなりませんし、繁忙期ならもっと高くなります。
また浮気や不倫が原因で離婚となった場合は慰謝料が100万円程度といわれていますし、財産分与をしなければなりませんから、全体でだいたい300万円程度かかるとされています。
離婚後の生活も確保しなければなりませんから、もしあなたが離婚前専業主婦として働いていたのであれば仕事が決まるまでの当面の生活費が必要です。

しかし実際にはお金がない、お金を借りる必要があるという方が多いでしょう。
離婚にはお金も労力もかかるのですから、その費用をどこから捻出するか悩む方も多いのです。
そこでもしあなたに安定した収入があるなら、銀行系カードローンや消費者金融からの借入を検討してみてはいかがでしょうか。
毎月決まった金額を返済していけば良いだけですから、審査に通れば離婚に必要なお金を用意することができます。
借入限度額が決まっていますから、全額カバーできるとは限りませんが、あなたと別れる配偶者別々にカードローンを申し込んでも問題ありません。
離婚を考えている方はお金の用意も考えましょう。お金が必要なときはコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加